速攻

昨日は姉が両親を預かってくれたおかげで、久しぶりに山スキーを楽しむことができた。姉にあまり負担をかけたくないので、一気に登り、一気に滑るという速攻登山となったが、十分堪能できた。

今年はアルツハイマーの両親の面倒を見ながら、山に行く機会を探ることになりそう。機会が巡ってきても、時間が制限されるだろうから、今まで以上の速攻登山になるのは仕方がない。速攻登山といっても、常に安全を意識し、心に余裕をもって行動したい。取立山のような通い慣れた山なら、それも可能だろう。

取立山

画像

この記事へのコメント

テクテク
2010年02月02日 22:06
ブログ読ませてもらいました。
ご両親大変ですね。
「頑張れ!」とは言いません。頑張ると潰れますよ。
無理をしてでも山に登って欲しいです。

私も要介護4まで進行した痴呆の母がいましたが
姉、施設の助け(点数オーバーで実費もあったが)を借りて山に登っていました。
山登りがなかったら、私達夫婦が潰れていたと思います。





ひろろとろろ
2010年02月02日 23:00
ありがとうございます。
幸い山に囲まれているので、時間をうまくやりくりして山登りを楽しもうと思っています。なんてったって山登りは元気の素ですから。

この記事へのトラックバック