熊騒動

今朝、両親をデイケア施設に連れて行こうと準備していると、当の施設から、施設の近くで熊が出没しましたので、今日はお休みします、とのTEL。今年は熊の出没など珍しくもない、我が家の周辺でも2度出没している。熊の出没の度に休むのかなと怪訝に思いながら、分りました、と返事。

電話を受けた後、当のデイケア施設から請求書が来ていたのを思い出し、支払いを口実に、様子を見に行くことにした。施設に着くと、警察や報道など多くの人が押し掛けていて、何とも物々しい雰囲気。施設を運営する隣の病院には休診の看板が出ている。病院の受付で、料金を払っていると、部屋の奥で顔見知りの介護職員たちが深刻そうに打ち合わせをしている。

何と大げさな、施設が施設だから、厳重に警戒するのかなあ、と思いながら次のデイサービス施設に支払いに向かう。次のデイサービス施設でも熊のことが話題になり、何故そんなに人が押し寄せているのか、とみんなで首をかしげた。テレビ局が来ているなら、そのうちニュースになるわね。楽しみにしていましょう、とのんびりしたもの。

家に帰り、昼食の準備をしながら、ローカルニュースで熊のニュースを見ようと、テレビをつけると、何と全国ニュースで、福井の介護施設で熊が介護職員を襲い、まだ介護施設に立てこもっている、と報道しているではないか。

デイケア施設の後方には多くの山々が連なる。その中には、僕が9月に熊に遭遇した越前甲もある。我が地区よりもはるかに熊が出没する確率が高い地区に施設は存在する。

里に熊が出没するのはこれからが本番。熊も餌がないから、必死。施設の介護職員の皆さんは気が気ではないだろう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック