父帰る

夜中に布団をはぎ、衣服をすべて脱ぎ捨てて素っ裸で寝ていた父が低体温症で入院したのが1月9日。その後入院中に肺炎になり、退院したのは今日2月13日。当初1週間ほどの短期入院だろうと高をくくっていたが、思わぬ長期入院になってしまった。

退院したのはうれしいが、さあ、これからが大変。父は認知症がますます進み、2年前要支援1だったのに、現在は要介護3。母は要介護4だが、実際は父の方がずっと手が掛かる。幻覚、妄想、便秘、尿失禁、パーキンソン症候群と次から次と新たな症状が現れる。

父は紙パンツをはいているのだが、小便や大便をしたくなると、紙パンツをとる癖がある。1月9日はおしっこがしたくなりいつものように紙パンツをとったため、布団や衣服が濡れ、それが不快で素っ裸で寝ていたものと思われる。

尿失禁以外に、父はよく夜中に問題行動を起こす。自分でお風呂を沸かして入ったり、外に出て畑仕事をしようとしたりする。お風呂に入っても自分で出られればいいのだが、入浴中にパーキンソン症候群が現れ、身体が固まってしまい、動けなくなってしまう。外に出た時も突然パーキンソン症候群が現れ、その場に倒れてしまう。

そんな行動に対処するには夜中に頻繁に起きて様子を見に行くしかない。1月9日の問題行動が起きるまでは、2時間おきに様子を見に行っていた。ところが1月9日は、前夜に区の初寄合がありお酒が入ったため、寝過ごし発見が遅れてしまった。

入院中は拘束具をつけていたのだが、家庭で拘束具を付けると、家族の介護を拒否するようになるという。でも、夜中に問題行動を起こす回数はますます増え、今回のように命にかかわることがあるとすれば、たとえ介護を拒否されようとも、拘束具を付ける決断をしなければならないのだろうか。

この記事へのコメント

NeNe
2012年02月15日 10:39
毎日の介護ご苦労様です。
お父様 随分進みましたね。 うちは幸い一人では歩けない状態なので寝かせて置くか車椅子に乗せておけばいいのですごく楽です。
男の人は年寄りと言えど力がありますし・・・まして歩けるとなると察します。
寝る前の最終と明け方にトイレ誘導はどうでしょうか。
うちは明け方に大量の尿をするようなので私達が寝る最終と明け方起こしてトイレ誘導しています。 
ひろとろさんの睡眠のことも考えると 拘束ベルトもしょうがないかもしれませんね。 頑張って ひろとろさん! 
ひろろとろろ
2012年02月15日 15:22
NeNeさん、アドバイスありがとうございます。
父は、2~3時間おきにトイレに誘導していたのですが、駄目でした。現在、母が腰を痛め、トイレに行けない状態です。その母もおむつはずしをするようになりました。母の場合は破ることはないと思うので、下半身だけの介護衣を検討中です。
父は2月29日から薬の調整で入院予定、それまではディサービスのショートスティを利用しますので、当分は負担が軽くなります。

この記事へのトラックバック