得たものと失ったもの

地区の老齢化により、僕のような農業未経験者にまでファームの仕事が回ってくる。

先日ファームから下期作業賃金の報告が来た。僕の場合、ほとんど下期に集中しているので、その額が今年の僕の勤労収入になる。その額は87,632円。作業時間113時間、時給800円で収入90,400円…から源泉徴収額を引いた金額だ。

わずかな金額だが、僕にとっては両親の介護により無職になってから、実に9年ぶりの勤労収入だ。

これだけの収入を得るのにも代償がいる。今回の代償は喉の炎症だ。作業の中心が里芋の収穫と選別だったため、その際起きる土埃で、風邪によって引き起こしたのどの炎症を悪化させてしまった。今、現在もその後遺症に悩まされている。

僕の唯一の生き甲斐は山登りなのだが、喉の炎症により山に行く機会が減ってしまった。残りの人生を山登り中心に考えていた僕にとって、今年は得たものより失ったものが多い年だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント