二兎を追うもの一兎をも得ず

自民党谷垣総裁の増税論は明らかに復興と財政再建の二兎を追うものだ。

復興は、復興を支援する国民の経済的基盤がしっかりしていてこそ達成できるもの。ところが今、震災による工場の操業停止などにより派遣切りや自宅待機が増えている。被災者を支える側の経済的基盤が揺らいでいるのだ。今ここで消費税の増税をしようものなら、さらに日本経済は落ち込んでしまい、復興も危うくなる。ここは一旦財政再建を棚上げにしてでも、復興に集中すべきではないだろうか。

さすがに自民党内からも批判が多かったらしく、谷垣自民党総裁は「最初に出すのが増税というのは早い」と軌道修正し、復興を優先させる考えに変わったようだ。

3月25日にエコノミスト嶋中雄二氏のレポートが出た。この人の分析は精度が高いので、毎月愛読している。

http://www.sc.mufg.jp/inv_info/business_cycle/sn_report/pdf/snm20110325.pdf

今月はかなり勇気づける内容で少し希望が見えてきた。





"二兎を追うもの一兎をも得ず" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント