テーマ:サイクリング

佐開から荒島岳へ

昨日はトレーニングを兼ねて佐開から荒島岳に登って来た。林道終点から登れば、佐開コースは荒島岳で最短のコース。でも、あまり見るべきところはない。佐開から林道を辿って登るなら、MTBやトレイルランニングのトレーニングにはいいコースかもしれない。 荒島岳へ 急ピッチで進む山頂の祠建設
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

左足強化

先日の山登りで、左足に比べ、右足が極度の筋肉痛になった。下りでは疲れてくると、左足で踏ん張れず、転倒することが多い。そのため左足をかばい、右足で踏ん張る癖がついてしまった。今日は左足強化のため左足を意識してペダルを漕ぐ。 勝山橋 九頭竜川 実りの秋も近い GPS軌跡<走行距離:22.19km、走…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

九頭竜川~六呂師高原

久しぶりの長距離の山歩きで筋肉痛になり、2日間朝トレを休んだが、今日から再開。MTBに乗って走り出すと、ひんやりと寒い。残暑はまだまだ続くが、朝夕はかなり過ごしやすくなってきた。 法恩寺山と経ヶ岳の間から日が昇る。 九頭竜川 サトイモ畑と荒島岳 奥越高原牧場 GPS軌跡<走行距離:28…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大師山

わずか550mの低山なのに、一か月近く山登りから遠ざかっていると、思ったように足が動かない。少しずつ高山に耐えられるような体力を取り戻さねばと痛感。 大師山へ 女神川と大師山 大師山山頂より法恩寺山:経ヶ岳を望む
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

矯正

山登りで長い距離を歩くと必ず、右膝が痛み、右腰や右肩に張りが生じる。自転車でも同じ現象が起きる。それも山登りよりも顕著。 平地で自転車を漕いでみて気がついたのだが、右足はしっかりペダルを踏み込むのだが、左足はほとんど踏み込まず添える程度。登りではさすがに左足も踏み込んではいるが、右足ほどしっかり踏んでいない。利き足の右足に依存しす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨の中のサイクリング

天気予報では曇り、家に帰るまで雨の心配はないだろうと出発したが、大仏寺山を下山した頃から、雨。帰りは雨具を着て、サイクリング。暑く、湿度が高いため、汗まみれ。帰って、風呂に入って汗を流し、すっきり。風呂上りのビールが最高においしかった。 大仏寺山へ 林道大仏線 林道より白山を望む。 大仏寺山山頂、後方に浄…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

寺月峠

小学生の夏休みの図画の宿題は、いつも家の玄関から見える三角形の山を描いて提出していた。その山の名前が荒島岳と知ったのは、26歳の時だ。 その荒島岳の麓にある勝原から林道に入り、寺月峠を目指す。 九頭竜川に架かる橋を渡り… ダートな林道に入る。 勝原と九頭竜川 勝原スキー場と雲のかかる荒島岳 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勝山

大学時代、東京生まれ、東京育ちの友が、よく勝山と言う地名はいい名前だと褒めてくれた。彼は何が気に入ったのか、何度か勝山を訪れ、僕なんかよりも勝山の知識が豊富だった。大学卒業後、彼は石川島播磨重工業に勤め、勝山や大野に橋の営業に来ていたから、その知識は大いに役立ったことだろう。 勝山の知名だが、僕は四方山に囲まれているから勝山だろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け?

北陸地方は昨日梅雨明け。ところが一夜明けた今日は「ほんとうに梅雨明けしたの?」と突っ込みたくなるような空模様だ。いつ雨が降り出すか分からないので、朝トレはほどほどに切り上げる。 <走行距離:16.16km、走行時間:57分> 長山公園/グラウンド奥のスロープで高校のスキー授業を行った。高校時代、体を動かすスポーツが大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新又越

今日は雨の心配がないので、林道で遊べる。奥太山林道を辿り、県境の新又越まで行ってみよう。 <走行距離:36.53km、走行時間:2時間35分> 滝波川と高尾岳、左後方に越前甲。目指す新又越は越前甲の右手鞍部に位置する。 国道416号線からダートな奥太山林道へ。越前甲登山道の奥太山林道出合。 越前甲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奥越高原牧場

久しぶりの晴れ。山に行きたいけど、母に病院への送迎を頼まれ断念。仕方がない、今日もサイクリングで我慢。少しでも山の雰囲気を味わいたいので、六呂師高原にヒルクライム。高原の朝は爽やかで気持ちがよかった。 <走行距離:23.54km、走行時間:1時間25分> 日の出 霧が立つ高原へ 伏石と荒島岳 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝山南部

雨の予報が出ていたので、朝トレは止めるつもりでいたが、一向に降りそうにない。それで軽く汗を流すことにした。なるべく脚に負荷をかけないようにのんびりサイクリング。<走行距離:15.15km、走行時間:1時間> 勝山南大橋 大袋より 九頭竜川 勝山城と勝山市内 休耕田に咲くコスモス …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九頭竜川沿岸

今日も霧雨の中出発。山よりに行くとやや雨が強くなるので、九頭竜川沿岸を川下に向かって走る。20kmほど走ったところでUターン。 <走行距離:48.51km、走行時間:2時間24分> 勝山南大橋より望む九頭竜川 永平寺町栃原に架かる橋より望う九頭竜川 GPS軌跡
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨空の下

霧雨の中、出発。梅雨空を見上げながら、比較的雲の薄そうな大野市へ。雨を避けるため平野部をうろちょろ。何とか雨に濡れずに済んだ。<走行距離:39.92km、走行時間:2時間13分> 九頭竜川 GPS軌跡
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九頭竜川~恐竜博物館

昨日はぬかるんだダートな林道を走ったため泥だらけ。今日は舗装路を走る。 <走行距離:36.61km、走行時間:2時間9分> 九頭竜川河川敷と勝山橋 九頭竜川と大師山、左後方は法恩寺山、右後方に経ヶ岳 法恩寺山 恐竜博物館 4回目の公売でも落札されなかった五重塔 GPS…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林道中野俣線

今週も梅雨は明けそうにない。まだしばらくMTBでの朝トレが続く。 <走行距離:47.1km、走行時間:3時間25分>   恐竜街道を通って杉山鉱泉へ。 杉山鉱泉を過ぎ林道杉山線に入ると、カモシカ君に遭遇。 林道杉山線から林道中野俣線へ。左手に越前甲が見える。 中野俣線はダートだが、気持ちが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大野周遊

今日は午後から仕事なので、朝トレは控えめにしようと思いながら出発。最初、山の方に向かうが、雨雲が厚くなり、雨が降り始める。それで青空が覗く九頭竜川方面に方向転換。 勝山橋より法恩寺山・経ヶ岳を望む 三室山 三室山展望所より 少し物足りないので、大野まで足を延ばすことに。 大野盆地と荒島岳 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

林道法恩寺線

今にも泣き出しそうな空、その上暑い。今日は適当に流そうと思って走り出したら気持ちがいい。それで新しくできた浄土寺川ダムまで行くことにする。 浄土寺川ダムと法恩寺山 意外と近くに法恩寺山が見えたので、ダム湖奥の林道を辿って林道法恩寺線に向かう。草だらけだけど大丈夫か? MTBの本領発揮と言いたいところだが、脚がつ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

勝山周遊

ああ、夏空が恋しい。いつになったら、梅雨が明けるのだろう。早朝、自転車に乗っていると、寒いほど。今日は寝坊しなかったので、のんびり勝山周回。<走行距離: 31.8km、走行時間:1時間35分> 日の出だ、ラッキー。 ちょっと拡大。四塚山あたりから日が昇っている。右手に見えるのは白山(大汝峰と御前峰)。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平泉寺~九頭竜川

朝トレを始めるようになって4時起きが続いていたが、今朝目が覚めると4時50分。寝不足で寝坊してしまった。いつもより1時間遅い出発なので、登りの多い六呂師高原は諦め、九頭竜川沿いを走ることにする。<走行距離:28.9km、走行時間:1時間35分> 登りが少ないため距離を稼ぐことができた。10月までに何とか50kmまで距離…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

六呂師高原

今日も早朝トレーニングで六呂師高原へ。先日は平泉寺からヒルクライム、今日は壁倉経由でヒルクライムし、平泉寺へヒルダウン。 <走行距離:19.5km、走行時間:1時間17分> 壁倉発電所 しばらく九頭竜川に沿って走る 奥越高原牧場 法恩寺山と経ヶ岳 GPS軌跡
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝トレーニング

なかなか梅雨が明けそうにない。山に行きたいけど、低山は暑いし、高山は雷様が怖い。でも、山に行かないと体が鈍るので、10日ほど前から、苦手の自転車(MTB)で早朝トレーニングを始めた。 最初は家の周りの農道を3km程度。2日おきくらいに練習、徐々に距離を延ばす。目標を六呂師高原に設定し、3度目の正直で、今日やっと六呂師高原まで行って…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more