テーマ:復興

二兎を追うもの一兎をも得ず

自民党谷垣総裁の増税論は明らかに復興と財政再建の二兎を追うものだ。 復興は、復興を支援する国民の経済的基盤がしっかりしていてこそ達成できるもの。ところが今、震災による工場の操業停止などにより派遣切りや自宅待機が増えている。被災者を支える側の経済的基盤が揺らいでいるのだ。今ここで消費税の増税をしようものなら、さらに日本経済は落ち込ん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消費税増税反対

最近、某テレビで高そうなスーツを着た経済評論家が、復興財源には消費税増税しかありませんと解説していた。いわく「非常時には国民が広く等しく負担するのが、我が国の美点。復興に国民一丸となって取り組みましょう」と。 だが消費税増税によって苦しむのは、失業者や低所得者層の経済的弱者だ。リーマンショック以後、有効求人倍率が1.0倍を超えたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災後の経済

神戸・淡路大震災が起きたのが1995年。時の政権村山内閣は復興財源を赤字国債で賄った。皮肉にもこの震災の復興需要により、1990年のバブル崩壊後停滞していた日本経済が1995年、1996年と良好に推移した。 ところが1997年に村山内閣が内定していた消費税率の引き上げを橋本内閣が実施。この時の消費税引き上げにより、日本の国富が減り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興への道

震災による消費者心理の悪化、電力不足による生産の減少と、震災以後日本を取り巻く経済事情は悪くなるばかり。 商学部卒業なのに経済オンチの僕でもさすがに心配になってきた。日本経済が沈没すれば、復興への道はますます遠くなる。頑張れ、頑張れの掛け声だけでは済まないところに来ているのではないだろうか。 復興には莫大なお金が必要、その資…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more