妄想に振り回される

この数日で父の認知症が急に進行してきた。

以前から「知らない人が家にいる」という妄想が見られたが、最近は「知り合いが家に集まる」という妄想が頻繁に出現する。今朝もその妄想が出現した。

何度も何度も玄関に往復して誰もいないのを確認すると、「来ないから電話してくれ」と言う。

「誰に電話するの?」と問うと、「そんなことも分らんのか」と一方的に叱る。

そのうちある人の名前が出てくる。それで「その人に電話すればいいの?」と聞くと、苛立ったように「違う」と大きな声で腹を立てる。

その後、亡くなった父の兄弟たちの名前が出てくる。

「おじさんたちはみんな亡くなっているよ」と言うと、「当たり前や。お前は後継ぎのくせに情けねえ」と唾を飛ばして感情を激発させる。

もうお手上げという感じで、しばらく相手にせずに置くと、朝ごはんも食べずに、いまにも殴りかからんばかりに、「親の言うことが聞けんのか」と迫ってくる。仕方なく、父の実家に電話してみると言うと、やっと納得してくれる。

ところが、困ったことに父の実家とは母の誤解によって絶縁状態(母は忘れている)。とにかく電話をし、無沙汰をわび、父母の認知症のことを説明する。すると、亡くなった父の弟にも同じようなことがあったとかで、「いつでも会いに行きますよ」との返事。

父にそのこと話すと、やっと大人しく朝ごはんを食べてくれた。






この記事へのコメント

nちゃん
2011年01月08日 19:04
いつも山の写真を楽しみに見させていただいております。そして心優しい文面で綴られている介護のお話には癒されます、私も母の介護を10年近くかかわってきました、だから申し上げます「お父さんもっともっとわがまま言ってもいいんですよ」
ひろろとろろ
2011年01月08日 21:27
介護10年ですか。すごいですね。僕なんかまだ1年なのに、色んな事が起こり四苦八苦。今年も一体何が起きるか、2人に振り回されそうです。ま、それも何にもない人生よりましですね。
NeNe
2011年01月08日 22:37
遅れましたが明けましておめでとうございます。
昨年お会いできて本当に嬉しかったです。
ことしも素敵な写真や山歩き楽しみにしています。
さて ひりとろさんのお父様ですがうちのBABA様と症状がすごくにております。 うちのBABAさまはアルツハイマーの認知症も少しありますがレビー小体型認知症です。急に症状が重くなり妄想や幻覚を見るようになります。
でも 今は薬があっているのか落ち着いています。
最初アルツハイマーの薬を飲ませたところ逆に症状が悪化した為 専門医に診せた所今の病気がわかりました。
大きなお世話かもしれませんが参考にまで。
ひろろとろろ
2011年01月09日 06:14
NeNeさん、明けましておめでとうございます。
貴重なアドバイスありがとうございます。
実は、僕もレビー小体型認知症ではないかと疑っています。もともと便秘症の上に、最近、尿失禁などの自律神経障害が見られます。またちょっとしたことで躓いたり、転んだり、運動障害も見られるようになりました。
ケアマネージャもレビー小体型認知症を疑っており、火曜日にかかりつけ医の診断を仰ぐことになっています。
NeNe
2011年01月09日 08:49
そうですか。診断してもらって薬が合って落ち着くといいですね。
それからBABA様はこの病気の前に意識障害の一つで「譫妄」と言う病気にもなりました。 これも症状がよく似ているのですが1週間のあっと言う間に正常から徘徊するは暴力的になったり進行し気が狂ったようになります。
入院2週間ぐらいで「あれはなんだったの?」というくらい正常にもどります。
参考までに。
今はあまり話(たぶん妄想)を深く追求しないで少し距離をとりながら見守ってみたらどうでしょう。うちの場合こんな時できるだけ質問で返さず「わかったよ」とか「あとでするからまってて」と言うと意外とおとなしくなります。
ひろとろさん頑張って 自分の身体も大切に。

ひろろとろろ
2011年01月09日 18:33
今回のことでレビー小体型認知症はケアの難しさを実感しました。少しずつ情報を集め、ケアの勉強をしていこうと思っています。
分らないことがあったら、色々教えていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック